目次

キーワード

執筆予定

FIRフィルタとは

概要、FIRフィルタの特徴
 フィードバックなし
 IRがかならず有限長
 長所
  (リプルとかを気にしなければ)設計が容易
   (「[線形位相](/study/sp/dsp/phase?key=linear_phase)」とか「[最小位相](/study/sp/dsp/phase?key=minimum_phase)」化も簡単)
  常時安定、誤差蓄積なし
 短所
  次数が高めになりがち

伝達関数、ブロック図を出して説明
 線形位相な場合には、係数の対称性から多少演算量を削れる。

設計
 インパルス応答がそのままフィルタ係数になる。
 有限長で打ち切るため、リプルが生じる。
  リプル軽減のために窓掛けしたりする。
  もしくは、数値解析的な手法(例えば、Remez法)を使って等リプル化したり。

 最小位相化(次数が少なめで済む)したりすることも。

伝達関数

Y =
N-1
i=0
ai z-i X

ブロック図

FIRフィルタ
FIRフィルタ

サンプルソース: FirFilter.cs

更新履歴

test

[雑記]

ブログ