++C++; // 未確認飛行 C 避けて通れない「非同期処理」を克服しよう

Top総合 目次C# によるプログラミング入門

ファイル操作

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

キーワード

概要

System.IO 名前空間以下に、ディレクトリ(フォルダ)・ファイルの作成・読み書き等を行うためのクラスが用意されています。

ファイル操作などの処理は、 オブジェクト指向言語との相性もいいですし、 C# の foreach 文LINQ との親和性も高いので、 C# でのファイル操作の楽さには目を見張るものがあります。

Directory, File

System.IO.Directory と System.IO.File には、 ディレクトリやファイルを読み書きするための static メソッドがあります。

using System;
using System.IO;

class TestIO
{
  static void Main()
  {
    if(!Directory.Exists("test"))
      Directory.CreateDirectory("test");
    
    for(int i=0; i<5; ++i)
    {
      string fileName = string.Format(@"test\{0}.txt", i);
      string contents = string.Format("Test file No. {0}", i);
      File.WriteAllText(fileName, contents);
    }
  }
}

プログラムを実行した後のディレクトリ内の様子です。

> ls
ConsoleApplication2.exe  ConsoleApplication2.vshost.exe
ConsoleApplication2.pdb  test
> cd test
> ls
0.txt  1.txt  2.txt  3.txt  4.txt
> cat 1.txt
Test file No. 1

DirectoryInfo, FileInfo

System.IO.DirectoryInfo と System.IO.FileInfo は、 ディレクトリやファイルの情報を取り出すためのクラスです。

using System;
using System.IO;

class TestRexex
{
  static void Main()
  {
    DirectoryInfo dir = new DirectoryInfo("test");

    foreach(FileInfo f in dir.GetFiles())
    {
      string name = f.Name;
      string ext  = f.Extension;
      DateTime t = f.CreationTime;
      Console.Write("{0}\next: {1}, time: {2}\n",
        name, ext, t.ToString("hh:mm:ss"));
    }
  }
  }
}
0.txt
ext: .txt, time: 02:34:36
1.txt
ext: .txt, time: 02:34:36
2.txt
ext: .txt, time: 02:34:36
3.txt
ext: .txt, time: 02:34:36
4.txt
ext: .txt, time: 02:34:36

StreamReader, StreamWriter

System.IO.StreamReader, System.IO.StreamWriter を用いることで、 テキストファイルの読み書きができます。

using System;
using System.IO;

class TestRexex
{
  static void Main()
  {
    // ファイルにテキストを書き出し。
    using(StreamWriter w = new StreamWriter(@"test\test.txt"))
    {
      w.WriteLine("基本的に、Console クラスの文字列出力メソッドと同じ。");
      w.WriteLine("WriteLine では末尾に改行文字が加えられます。");
      int n = 5;
      double x = 3.14;
      w.Write("書式指定出力もできます → n = {0}, x = {1}", n, x);
    }

    // ファイルからテキストを読み出し。
    using(StreamReader r = new StreamReader(@"test\test.txt"))
    {
      string line;
      while( (line = r.ReadLine()) != null) // 1行ずつ読み出し。
      {
        Console.WriteLine(line);
      }
    }
  }
}
基本的に、Console クラスの文字列出力メソッドと同じ。
WriteLine では末尾に改行文字が加えられます。
書式指定出力もできます → n = 5, x = 3.14

BinaryReader, BinaryWriter

バイナリ形式での読み書きには、 System.IO.BinaryReader, System.IO.BinaryWriter クラスを用います。

using System;
using System.IO;

class TestRexex
{
  static void Main()
  {
    // バイナリ形式でファイルに書き出し。
    using(BinaryWriter w = new BinaryWriter(File.OpenWrite(@"test\binary")))
    {
      w.Write(new byte[]{(byte)0x01, (byte)0x23, (byte)0x45, (byte)0x67, });
      w.Write((int)123456789);
      w.Write((float)3.14159);
    }

    // 1バイトずつ読み出し。
    using(BinaryReader w = new BinaryReader(File.OpenRead(@"test\binary")))
    {
      try
      {
        for(;;)
          Console.Write("{0:x2}", w.ReadByte());
      }
      catch(EndOfStreamException)
      {
        Console.Write("\n");
      }
    }

    // 書き出したときと同じ手順で読み出し。
    using(BinaryReader w = new BinaryReader(File.OpenRead(@"test\binary")))
    {
      Console.Write("{0:x2}, ", w.ReadByte());
      Console.Write("{0:x2}, ", w.ReadByte());
      Console.Write("{0:x2}, ", w.ReadByte());
      Console.Write("{0:x2}\n", w.ReadByte());
      Console.Write("{0:d}\n", w.ReadInt32());
      Console.Write("{0:g}\n", w.ReadSingle());
    }
  }
}
0123456715cd5b07d00f4940
01, 23, 45, 67
123456789
3.14159

[お問い合わせ](q)