目次

概要

はじめてのプログラミング」でも書いているように、 C# を最速でマスターしたければ Visual Studio に頼りましょう!

ということで、「基礎」辺りで説明する予定の文法を、 Visual Studio の補助を受けつつ実際に書いてみます(動画あり)。

手始めに

Visual Studio をお持ちでない方は、無料版の Visual C# Express Edision もあるので、 まずこれをインストールしましょう。

準備ができたら、まずお約束の Hello World(というメッセージを表示するだけの簡単なプログラム)を作成。

  • プロジェクトの新規作成

  • [Visual C#] → [コンソール アプリケーション] を選んで、適当な名前を付けて [OK]。

    • ひな形ができる。
  • cw と入力した後、[Tab] を2回押す。

    • Console.WriteLine ってのが補完で出てくる。
  • WriteLine の中に、"" でくくって適当な文字列を入れる。

  • ビルド

    • メニューから [ビルド] → [ソリューションのビルド]。

    • もしくは、[F6] キーを押す。

    • もしくは [Ctrl] + [Shift] + b。

  • 実行

    • メニューから [デバッグ] → [デバッグなしで開始]。

    • もしくは [Ctrl] + [F5]。

  • 入力した文字列が表示されるはず。

変数

  • int i = 10;

    • 整数型の変数 i に 10 という値を代入。
  • double x = 1.0;

    • 小数(正確には「倍精度浮動小数点数」)型の変数 x に 1.0 を代入。
  • var で型推論ができる。

    • var i = 10;だと、10 が整数なので i は int になる。

    • var x = 1.0;だと、1.0 が小数なので x は double になる。

  • var にマウスカーソルを合わせると、推論結果の型が出る。

    • その後、変数にマウスカーソルを載せると、変数の型が出る。

四則演算

  • x + yとかで加減乗除ができる。

    • +で足し算。

    • -で引き算。

    • *で掛け算。

    • /で割り算。

  • [Ctrl] + c で、今カーソルのある行を丸々コピー。

    • その状態で [Ctrl] + v で行の貼り付け。

    • その後、+のところだけ書き換え。

型変換

  • 精度の高い型から低い型への変換は明示的に書く必要がある。

    • 逆は暗黙的に変換がかかる。

    • double を int に変換すると、小数点以下が失われる。

    • int i = (int)x;

文字列

  • string s = "サンプルテキスト";

    • 文字列型の変数 s を定義。
  • +演算子で2つの文字列を連結できる。

  • string.Format で書式指定付きの文字列化。

    • string.Format(“({0}, {1})”, 10, 20);
      • {0} のところに 10 が、{1} のところに 20 が入る

配列と反復

  • int[] で int 型の配列になる。

    • int[] x = new[] { 1, 2, 3, 4, 5 };で5要素の配列を作る。
  • while まで入力したら [Tab] を2回押す

    • while (反復の継続条件)

    • ぶっちゃけ、あんまり while 使うことない

  • for まで入力したら [Tab] を2回押す。

    • for (初期値; 継続条件; 値の更新)

      • 「10回繰り返す」とかやりたい時に使う。

      • ぶっちゃけ、配列の中身の列挙には次の foreach の方を使う方がいい。

  • foreach まで入力したら [Tab] を2回押す

    • 配列とかの、コレクションの列挙

    • foreach (var 変数 in 配列)

条件分岐

  • if まで入力して [Tab] 2回もできるけど、それほどタイピング量減らない。

    • if (条件) 式;

    • 必要なら if (条件) 式1; else 式2;

  • if (条件) 式 の後、 ; を打った時点でソースコードの自動整形がかかる。

関数

  • 意味のある単位で細かく関数化しましょうね。
    • 関数化したい範囲を選択して、右クリックして [リファクター] → [メソッド抽出]。

構造体

  • struct Point { public int X; public int Y; }

  • var p = new Point { X = 10 };みたいな書き方でメンバーの初期化可能。

  • Usage First 開発。

    • 「使い方」の方を先に書いて、そこからクラスや構造体を生成。

    • (Visual Studio 2010 からの新機能。)

更新履歴

ブログ