目次

C# 1.0

リリース時期 2002/2
同世代技術
  • Visual Studio .NET 2002
  • .NET Framework 1.0
  • Visual Basic 7

C#は2000年6月に発表され、それから間もなくプレビュー版が公開されました。その後、2002年に正式リリースになっています。

当時、C#開発の指揮を取っていたAnders Hejlsbergは、元々Borland社でTurbo PascalやDelphiを作っていました。 マイクロソフトに移籍したのちはJ++ (Windows向けのJava拡張言語)に関わっています。 その後、大人の事情でマイクロソフトがJavaから撤退することになって、代わりに生まれたのがC#と言えます。

また、それ以前のWindows開発と言えば、主にC++かVisual Basicが用いられていました。 そこで、新言語であるC#の目標は、「C++の性能と、Visual Basicの生産性を兼ね備えた言語」でした。

このような背景から、C#は、Java、Delphi、Visual Basic、C++などから影響を受けた言語になっています。 C# 1.0時代は、Javaが一番近い言語でした。 そのJavaと比べてC#が特徴的だったのは以下のような機能です。

また、Javaでいうところの「Java言語」と「Java仮想マシン」のレイヤーがはっきりと分かれています (Java言語にあたるのがC#、Java仮想マシンにあたるのが.NET Frameworkです)。 これは、同じ仮想マシン上に異なるプログラミング言語(当時で言うと、Visual BasicとC++/CLI)を実装しているためです。 C++/CLIで書いたクラスを、Visual Basicで継承して、それをC#から使うといったようなことができます。

C# 1.1

リリース時期 2003/4
同世代技術
  • Visual Studio .NET 2003
  • .NET Framework 1.1
  • Visual Basic 7.1

新しい技術にはバグがつきもので、Visual Studio .NET 2002から、たった1年で大幅なバグ修正が行われ、Visual Studio .NET 2003がリリースされました。 この際、C#にもほんの少しだけ手が入っています。

.NET Frameworkのバグ修正版が「.NET Framework 1.1」なので、それに合わせてC# 1.1と呼ばれることもあります。 一方で、仕様書的にはこれ以前に1度出し直しがあったようで、2003年の時点で「C# Language Specification 1.2」となっていることから、C# 1.2とも呼ばれます。 しかも、大した機能追加がないのでこのバージョンが言及される機会も少なく、正式にはC# 1.1なのかC# 1.2なのかははっきりしません

このときC#に追加されたのは以下の2つです。

1.1と1.2の両方の記述が見つかるし、「Visual Studio .NET 2013におけるC#の新機能」みたいな書き方でバージョンが明記されていなかったりするし。

更新履歴

ブログ