目次

概要

前項で説明した通り、C# 7.0で、is演算子とswtichステートメントが拡張されて、is/caseの後ろにパターンを書けるようになりました。 パターンには以下のようなものがあります。

パターン バージョン 概要
型パターン C# 7.0 型の判定 int istring s
定数パターン C# 7.0 定数との比較 null1
discard C# 7.0 何にでもマッチ・無視 _
var C# 7.0 何にでもマッチ・変数で受け取り var x
位置パターン C# 8.0 分解と同じ要領で、再帰的にマッチングする (1, var i, _)
プロパティ パターン C# 8.0 プロパティに対して再帰的にマッチングする { A: 1, B: var i }

予定: https://github.com/ufcpp/UfcppSample/issues/209

更新履歴

ブログ